「ずっと喜んでくれてもいいのに」
嬉々として言ったが、僕の歔欷の前文では至ってと言って嬉しいほどフォローになっていなかった。
「うるせえなあ……」
師走の夜中にどのツラ下げてのほほんと戻ってきた口が言っているのか。
もちろん、それについては僕の方にも落ち度があるし、イーブンといったところだろう。
「けれども、良かったな。おめでとう」
主人の眼に光るものを見た瞬間、僕は今まで発揮した企業のないほどの膂力でベッド上に主人を強引に押し倒していた。

新春、私たちは清澄白河を訪れた。要因は深川稲荷神社への初詣だった。
こちらは一、地元です世田谷近辺の近ステージにおける神社でいいのではといった旦那に提案してみたが、旦那の話を聞いているうちにその深川稲荷神社至るものが由緒いる部分だということを窺いわかり、説はまとまった。
たどり着くまでのあいだ私たちは常に、互いの方法を離さなかった。
断じて車内にいたどの両者よりも愛し合っていたという。
それはターゲットでもある自分達としてみても「あざといほど」に。ミュゼ 鼻下